[ ここから本文です ]

各部紹介(一般職)

広報部 広報グループ(2016年度入社)

Q 今、どんな仕事に携わっていますか。

現在は、広報部で行っている社会貢献活動において発生する事務作業や、協会ホームページの作成と更新を中心に行っています。社会貢献活動の一例として「元気シニア応援団体に対する助成活動」では、助成金交付団体募集の段階での対応(照会対応、応募団体の管理簿作成、申請書類の確認等)、また助成金の交付が決定した後の対応(助成金振込、団体活動終了後の報告確認等)まで行います。他にも業務としては地方協会に関する会計処理や、広報部内における事務作業等も行っています。

Q やりがいはどんなことですか。

社会貢献活動では、助成金を交付する高齢者の方や保育園、学童クラブなど様々な方と関わる機会が多く、その方々より活動に対するご意見や感謝の言葉を頂いた際に仕事へのやりがいを感じます。また、社会貢献活動がニュースリリースとして行政や各地方向けに発信をされると、発信後に様々な照会の電話があることや、新聞等に掲載されていることを自身の目で確認すると、仕事が「動いている」ことを実感します。その際にも自身の業務にやりがいを感じることができ、さらに業務へ取り組む姿勢を整えることができています。

業務教育部 契約企保グループ兼機構保険グループ(2014年度入社)

Q 今、どんな仕事に携わっていますか。

契約企保Gでは、ご契約の引受から維持・管理、お支払いに関する諸施策を検討する各部会の運営やそれに付随する様々な業務を行っています。

例えば、保険犯罪などのモラルリスク排除に向けた警察との連携や保険金・給付金の請求時に必要となる「診断書」の電子化推進に向けた病院との連携など、生命保険の健全な発展に貢献できるよう日々取り組んでいます。

機構保険Gでは引き受け会社や住宅金融支援機構と連携し団体信用生命保険(フラット35)の運営を行っております。

Q やりがいはどんなことですか。

生命保険会社の実務に直結する業務に幅広く携わることができるため、非常にやりがいを感じています。

また、日々の業務を通じて警察や病院から感謝の言葉をいただく機会もあり、広く社会に貢献できていると感じています。

企画部 企画グループ兼一般問題対策グループ(2012年度入社)

Q 今、どんな仕事に携わっていますか。

・保険金等の適切なお支払いに向けて、各社の保険金等の支払漏れ等に係る件数・金額についての集約及び公表を行い、各社の保険金等の支払いに関する態勢の更なる充実のための取組みを推進しています。

・消費者契約法や特定商取引法改正の流れを受けて、各自治体において生命保険会社の実務に影響のある法規制がなされていないか、消費生活条例等の改正・新設動向を調査しています。

Q やりがいはどんなことですか。

生命保険事業は国民の安心な生活設計に重要な役割を果たしており、社会保障制度の一部補完をしている公益性の高い事業です。そのため、生命保険事業の健全な発展に向け、様々な課題に取り組んでいくことが、生命保険事業のみならず、国民生活の向上に繋がっていると実感できるところにやりがいを感じています。

総務部 組織法務グループ(2008年度入社)

Q 今、どんな仕事に携わっていますか。

組織法務グループは、社員総会・理事会開催などの組織運営分野と、規程の制定・改訂などの法務分野の大きく2つの分野を担っています。その中で、社員総会・理事会等会議の運営、認定個人情報保護団体としての活動、事務局規程の管理および規程の遵守に向けた取り組みを主に担当しており、資料や報告書の作成、アンケートの収集、各方面からの照会への対応などを中心として仕事を行っています。

Q やりがいはどんなことですか。

組織の運営に大きく関わる業務を担当させていただいており、緊張する場面もありますが、「よくやった」と言ってもらえることも多く、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

私自身、2歳になる娘がおり、子育てしながら仕事を続けるのは大変だと感じることも多いですが、上司や同僚に助けていただきながら、毎日楽しく仕事をしています。仕事を終え、保育園にお迎えに行くと、「ママ」と嬉しそうにしてくれる娘の姿を見るのが毎日の楽しみで、その笑顔を見ると、明日も頑張ろう!という気持ちになれます!

ページトップへ戻る