[ ここから本文です ]

診断書の電子化(機械印字化)の促進

保険金・給付金のお支払いに際して、生命保険会社による診断書の誤読や読み落としを防止するとともに、医師の業務効率化に資するものとして、医療機関での診断書機械印字化ソフトの普及に努めています。

当会では、保険金等の支払いが不足していたケース等の発生原因を踏まえ、保険金等の適切な支払管理態勢の確立に向けて、各社共通の課題解決に資する再発防止取組みを実施しています。その具体策として、支払いが不足していたケースの大部分が、保険会社による診断書の誤読や読み落としなど、診断書に起因するものであったことから、診断書の機械印字化ソフトの普及と診断書の機械印字化を促進し、支払いに関するインフラ整備に取り組んでいます。

診断書の機械印字化ソフトの普及には、業界全体としての取組みが必須であると考えられることから、当協会が認定したソフトをご案内させていただいております。

また、診断書の機械印字化ソフトの普及は、診断書作成を行う医師の業務効率化にも大きなサポートとなりますことから、日本医師会様にもご協力いただいています。

≪医療関係者様へ≫

認定ソフトは、ご好評により1,000を超える医療機関にご利用いただいています。未導入の医療機関様におかれましても、是非とも当会が認定した診断書の機械印字化ソフトの導入をご検討いただきますようお願い申し上げます。

ご検討いただける場合、あらためて認定ソフト販売会社より認定ソフトの詳細をご説明させていただきますので、下記リンク先の各認定システムベンダーまたは当会までご連絡ください。

  • ※平成19年より、当協会が認定したソフトを導入いただいた医療機関に対し補助金を支給する取組み を実施していましたが、平成22年11月30日までのご契約分をもちまして、補助金支給を終了いたしました。
    診断書電子化ソフトを導入いただいた医療機関関係各位に厚く感謝申し上げます。

認定ソフトについて

(平成28年4月1日現在)
認定ソフト名 認定システムベンダー 認定日 更新日
MEDI-Papyrus新しいウィンドウを開きます。 ニッセイ情報テクノロジー株式会社 平成19年11月1日 平成27年11月1日
PrimeReport新しいウィンドウを開きます。 株式会社SBS情報システム 平成21年1月7日 平成28年1月7日
Medi-Support Plus新しいウィンドウを開きます。 インフォコム株式会社 平成21年1月30日 平成28年1月30日
Yahgee MC 富士フイルムメディカル
ITソリューションズ株式会社
平成21年4月1日 平成28年4月1日
Docu Maker新しいウィンドウを開きます。 株式会社ファインデックス 平成21年9月7日 平成27年9月7日

本取組みの参画団体について

本取組みにつきましては、生命保険業界だけでなく、以下の団体にもご参画いただき、保障提供事業者一丸となって取り組んでいます。

  • 全国共済農業協同組合連合会
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 日本コープ共済生活協同組合連合会
  • 全国生活協同組合連合会
  • 外国損害保険協会
  • 警察職員生活協同組合
  • 日本損害保険協会

個人情報の取扱いについて

一般社団法人生命保険協会、協会加盟の各生命保険会社、協会認定システムベンダー、診断書電子化ソフトの普及活動に参画した団体およびその会員・構成員は、認定ソフトの病院への普及及び診断書の機械印字化の促進を目的として、認定ソフトをご案内している病院の関係者、病院の紹介者及び病院への同行者の氏名・所属病院/会社名・役職・連絡先を共同して利用しております。 詳しくはこちら をご参照下さい。

ページトップへ戻る