[ ここから本文です ]

読み聞かせによる“家族のきずな”推進活動

近年、家族を大切にする傾向が強まっているとされる一方で、「子どもとどう接してよいか分からない」など、コミュニケーション面の悩みを抱える親子も少なくありません。

他方で、親子を結びつけ、家族のきずなを深めるきっかけの一つとして、絵本を通じて親子がふれあい、一体感を感じることができる「読み聞かせ」が大変注目されてます。

こうした状況を踏まえ、当会では、平成20年度より「読み聞かせによる“家族のきずな”推進活動」に取り組んでます。

読み聞かせに興味がある方を対象に、読み聞かせの読み手育成につながる講習会を全国で開催しています。

「読みきかせサポーター講習会」に参加された方に向けて、「家族のきずな読み聞かせ会」の実施を呼びかけています。

平成20年度より平成22年度まで生命保険協会創立100周年記念事業をきっかけに「家族のきずな絵本コンテスト」を開催し、様々な『家族像』をご紹介いたしました。

また、大賞受賞作品を製本し、副読本「家族で楽しむ絵本とあそび」等と共に、読み聞かせの普及・啓発や環境整備に取り組む団体等に対して寄贈する活動を展開しました。

当会作成のオリジナル絵本をWEB絵本で、副読本「家族で楽しむ絵本とあそび」をPDF形式でご覧いただけます。

当会が開催いたしました「家族のきずな絵本コンテスト」受賞作品をWEB絵本でご覧いただけます。

ページトップへ戻る