[ ここから本文です ]

生命保険相談所の運営

  • 生命保険協会は、保険業法に定める指定紛争解決機関として、金融庁より指定を受け、生命保険業務 ・外国生命保険業務に関する苦情処理手続および紛争解決手続等の業務を平成22年10月1日より行っております。
    当会では、上記業務を実施するにあたり、当会内に生命保険相談所を設置しております。同相談所は、生命保険に関する相談や苦情のお申出または紛争のお申立があったときに、これに応じて公正中立な立場から、迅速かつ透明度の高い処理を行うもので、生命保険に対する一般の理解と信頼を深め、保険契約者等の正当な利益の保護に資することを目的としております。また、金融庁の認可を受けた「指定(外国)生命保険業務紛争解決機関業務規程」に基づいて運営しています。
    • ※指定(外国)生命保険業務紛争解決機関「業務規程」
      • ・業務規程には、生命保険相談所が行う相談対応、苦情処理手続、裁定審査会が行う紛争解決手続などについて規定しているほか、寄せられた苦情・紛争についての情報提供や生命保険会社に対する注意喚起等、苦情等の再発防止・拡大防止・未然防止のための施策を定めています。
    • ※当協会と生命保険会社各社との間では、生命保険相談所が行う業務に関する生命保険会社の義務等を定めた契約(手続実施基本契約)を締結しております。生命保険会社はこれに基づく運営を行っています。
    • ※当相談所では、上記の手続実施基本契約を締結した生命保険会社が扱う生命保険契約等に関するトラブルを対象に紛争解決等業務を行っております。

    生命保険相談所の紛争解決手続は、相談所内に設置されている裁定審査会で行っています。詳しくは裁定審査会のご案内をご覧ください。

  • 生命保険協会では生命保険相談所の公正かつ円滑な運営を図ることを目的に外部有識者の意見をお聴きするため、「裁定諮問委員会」を設置しています。委員には、法律学者、弁護士、医師、消費者団体の代表者の方々にご就任いただいております。

    裁定諮問委員会委員(敬称略)

    • 山下 友信(同志社大学大学院 司法研究科教授)
    • 山口 徹(虎の門病院顧問)
    • 吉川 萬里子(全国消費生活相談員協会常務理事)
    • 橋本 副孝(東京八丁堀法律事務所弁護士)
    • 垣内 秀介(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

ページトップへ戻る