[ ここから本文です ]

EAIC「東アジア保険の日」

EAIC(東アジア保険会議)は、10月18日を「東アジア保険の日」と定め、東アジア諸国の全保険業界の認知とイメージを高めるための周知活動を行っています。

2006年、ブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンで開催された第23回EAIC大会において、10月18日を「東アジア保険の日」とする「バンダルスリブガワン宣言」が採択されました。

EAICの各加盟都市は、地域横断的なプロモーションのために、各業界団体を中心に各国の状況に合わせた様々な取組みを行っています。生命保険協会としても、こうした取組みの一環として、EAICの活動状況についてご紹介いたします。また、EAIC事務局長のメッセージを掲載いたします。

<2006年 EAIC バンダルスリブガワン宣言> (2006年8月2日採択)

我々EAIC理事および各都市代表理事は、2004年のEAICバンコク宣言に従い、2006年に開催された第23回EAICバンダルスリブガワン大会において、2007年から毎年10月18日を各メンバー地域共通の「東アジア保険の日」として祝うことを決めた。この日は、1962年にEAICの第1回会合が東京で開催された象徴的な日である。

EAICの活動状況

EAICは、隔年で大会を開催しており、昨年は10月11日から10月15日にかけて、中華人民共和国のマカオ特別行政区において第28回大会を開催しました。

マカオ大会では「保険の将来:顧客中心主義」を大会テーマに、各都市代表理事による各国保険業界の動向などについての報告や、「ブリクジット:アジアへの教訓」、「デジタル革命による顧客中心主義の推進」、「サイバー犯罪」などのテーマに沿って基調講演と全体会議が行われました。また、生保分科会では、「高齢化と健康―生保事業における高齢化の影響」、「健康なライフスタイルの販売―新たな生保事業モデル」をテーマとしたパネルが開催されました。

日本の保険業界からは、東京代表理事である明治安田生命の根岸秋男社長が、超高齢社会のフロントランナーである日本における保険業界の社会的役割発揮や、東日本大震災をはじめとする自然災害への対応について報告しました。

また、生命保険業界からは、第一生命調査部の武藤伸行課長が「生命保険会社が直面する課題」に関するパネルに参加しました。さらに、今大会の新たな試みである若手職員によるセッションには、大同生命事業推進部の岩岡伸明係長が参加しました。

なお、来年はフィリピンのマニラにて第29回大会が開催される予定です。




EAIC 事務局長

EAIC長嶌事務局長

EAIC事務局長 長嶌 徹氏のメッセージ

2017年10月18日、第11回目の「東アジア保険の日」を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

EAICは、第一生命の福室泰三氏と、フィリピンのナショナル・ライフ社のセビリア氏との出会いをきっかけに、アジア各国の保険関係者同士の情報交換・友好関係の促進の場として創設されました。第1回大会は1962年10月18日に、東京の第一生命本社で開催されました。当時は、全体の参加者数が140名、海外からの参加者に限れば僅か20数名という小規模な大会でした。今日では、大会参加者数が優に1,000名を超える規模のイベントに成長し、アジア最大の国際会議の一つとして認知されるようになりました。

「東アジア保険の日」制定の経緯は、前項目の中で説明されている通りですが、EAIC加盟12都市においては、毎年この日に合わせて、生損保協会を中心に保険業界全体でさまざまな活動を展開しています。活動の中では、主として、公衆に向けた保険制度の周知や消費者からの信頼向上を目的としたイベントが開催されています。日本においても、国内外の業界紙へのコメント寄稿、ホームページにおけるEAICの歴史・存在意義および東アジア各国の保険事情に関する情報の発信等、EAICの活動への理解促進に向けた対応を、生損保協会合同で行っています。

発展・成長の著しい東アジアですが、一部の国々では、大規模な自然災害の発生、低金利による資産運用の難化、さらには高齢化・出生率の低下に伴う人口動態の変化など、日本と共通する課題に直面しています。日本の保険業界によるさまざまな経験・取組みは、東アジア地域の他の国々にとっても大いに参考となるものです。EAICの枠組みを活用し、お互いのベストプラクティスを共有しつつ、地域の保険産業の発展に繋げていくことが期待されています。今後も、EAICが扇の要として機能し、東アジア地域全体の保険業界の発展に寄与することが重要であると考えます。

EAICの発足を記念して制定された「東アジア保険の日」が、東アジア地域における保険の理解と普及および保険業界のイメージを向上させるための良い機会となりますことを切に願っております。最後になりましたが、EAICの活動に対し、引き続きご理解・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。



以 上

ページトップへ戻る