[ ここから本文です ]

災害地域生保契約照会制度について

生命保険協会は、災害救助法が適用された地域において被災されたお客さまについて、家屋等の流失・焼失等により生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金の請求を行うことが困難な場合等において、生命保険契約の有無のご照会(災害地域生保契約照会制度)に応じます。

当制度を運営するため、生命保険協会内に「災害地域生保契約照会センター」を設置しております。同センターにご照会いただきますと、お知らせいただいた情報を生命保険協会加盟会社全社(※)に連絡し、生命保険契約の有無に関する調査依頼を行います。該当の生命保険契約がある場合は原則としてご加入の生命保険会社から連絡いたします。

  • (※)当会には我が国で営業する生命保険会社全社が加盟しています。

生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」

フリーダイヤル 0120-001731
【受付時間】月~金曜日(祝日を除きます)9:00~17:00

照会センターを利用できる方の範囲

  • 原則として、ご照会対象者(被災された方)のご家族(配偶者、親、子、兄弟姉妹)とさせていただきます。

調査対象となる保険契約の範囲

  • 生命保険協会加盟会社全社の個人生命保険契約が調査対象となります。

ご回答までの流れ

  • ご契約の調査を行うため、お知らせいただいた情報は各生命保険会社および生命保険協会に提供されます。
  • ご契約が確認できた場合はご加入されている生命保険会社からご連絡いたします。
    ただし、ご契約が確認できた場合でも、ご照会いただいた方が生命保険金の受取人ではなく他に受取人に指定されている方がいる場合など、プライバシー保護の観点からご照会いただいた方にご契約の内容についてお答えできない場合がございます。 また、いずれの加盟会社にもご契約がない場合は、その旨をご照会いただいた方に生命保険協会からご連絡いたします。
  • 契約有無の調査を全ての生命保険会社に行いますので、結果が判明するまでに相応の時間を要します。あらかじめご了承願います。

ページトップへ戻る