[ ここから本文です ]

ドイツ保険契約法

生命保険協会では、業界・学界の実務・研究に幅広く資することを目的に、大阪学院大学法学部 新井修司准教授(現教授)、東京海洋大学海洋工学部 金岡京子准教授(現教授)に翻訳を依頼し、『ドイツ保険契約法(2008年1月1日施行)』を日本損害保険協会と共同で編纂、発行いたしました。

ドイツでは2007年11月、保険契約法が約100年ぶりに改正され、翌2008年1月から施行されております。両協会は、2006年6月に『ドイツ保険契約法改正専門家委員会最終報告書(2004)(訳)』を共同で発行するなど、ドイツにおける保険契約法改正に向けた動きを注視して参りましたが、こうした経緯から、本書を発行することといたしました。

本書では、新しいドイツ保険契約法の内容を理解するための参考資料としてご利用いただくことを目的に、各条文の翻訳に加え、新旧法、「政府法案理由書」(変更内容や理由を記した文書)および政府法案起草から最終施行条文確定までの経緯等を逐条的に整理した資料を収用しております。

本書をご希望の方は実費(1部1,000円+送料)で頒布いたします。
下記申込先まで電話またはFAXでお申込ください。

<お申込先>

調査部調査研究グループ 学術担当

TEL:
03-3286-2722 (※受付時間:平日 AM 9:00~12:00 PM 1:00~5:00)
FAX:
03-3286-2668

ページトップへ戻る