[ ここから本文です ]

刊行物「生命保険協会110年小史」

  • 生命保険協会はお陰様で平成30年12月7日に創立110周年を迎えました。当協会では創立110周年を記念して「生命保険協会110年小史」を刊行し、国立・都道府県立図書館、大学の附属図書館などに寄贈しました。

    生命保険協会110年小史は、平成20(2008)年以降の10年間の生命保険事業等に関連する動向をとりまとめたもので、第Ⅰ部から第Ⅲ部で構成されています。

    第Ⅰ部は「平成20(2008)年以降の生命保険事業のあらまし」と題して、日本経済、社会構造の変化と政府の取組み、生命保険業界の主な動きを概観しました。

    第Ⅱ部は14章で構成し、当協会の取組みに関して、第1章から第7章では東日本大震災を含む災害への対応、安心して健康に暮らすことができる社会の実現のために当協会が行ってきた施策等を掲載しました。第8章および第9章では生命保険市場をめぐる動向を、第10章から第13章では生命保険事業を巡る制度の状況とそれらに関連する当協会の取組みを記載しました。また第14章では当協会の組織動向を詳述しました。

    第Ⅲ部には、資料編として各種統計資料や年表等を収録しています。

  • 外装写真

  • 外装写真

*ファイルが重くなっております。ダウンロードされる際はご注意ください。

ページトップへ戻る