中学校の授業展開例

教材をどのように活用するかの授業展開例のご紹介

教材「『社会における企業の役割と責任』保険会社って何をしているの?」作成にあたって

仲村秀樹 教諭

江東区立東陽中学校
仲村秀樹 教諭

中学校学習指導要領(社会科・公民的分野)の「2 内容」「(2)私たちと経済」「ア 市場の働きと経済」における「企業の役割と責任」の学習指導において、「社会における企業の役割と企業の社会的責任、社会貢献」などの学習内容を生徒に実感を伴った理解をさせることは難しい。特に、その学習内容としての5点(①人間に役立つ商品やサービスの創造、②市場における公正な経済活動の行使、③消費者、株主や従業員の利益の増進、④公共の利益の増進への配慮、⑤企業の将来性)を捉えさせることは容易ではない。本教材を使用することで、生徒が「企業の役割と責任」の内容理解を図ることが容易となる。

TVコマーシャルなどで様々企業(会社)があることは知っていても、そのことと生徒の日頃の生活実感が結びついているわけではない。本教材は、TVコマーシャルでよく目にする保険会社の事例を通して、「企業の役割と責任」について理解を深めることができる教材である。将来、生徒が自らに起こる可能性がある問題事例の解決策を考察するという学習を通し、実感を伴って理解することができる構成となっている。

また、「リスク社会」における人々のあり方としての「自助」に関する理解にも資することができる教材にもなっている。

マニュアルでお勧めする授業展開例

  時間 学習内容(○)・学習活動(☆) 指導上の留意点等(ワークシート等(◇)) 評価
事前学習 -

○会社(企業)の仕組みやその役割、社会的責任に興味を抱き、関心を持つ。

☆知っている会社(企業)について、その会社(企業)のホームページ等を参考に調べ記入した事前学習シートを持参する。

  • ・1週間前に、TVコマーシャル等で知っている会社(企業)について、その会社(企業)のホームページ等を参考に調べ、事前学習シートに記入させ、持参させる。

◇事前学習シート

 
導入 10分

○企業の役割と責任の学習を行うに当たって、他者の考えを知り、自分の考えを深める。

☆自分の調べた企業(会社)について、事前学習シートを資料としてグループ内で発表する。

  • ・これからの学習に対する見通しをもたせ、興味・関心を喚起し、学習の目当てを自覚させる。
  • ・企業の役割と責任、その果たす意義について考え、その過程などを分かりやすく表現している。(思考・判断・表現)
  • ・企業の役割と責任に関する学習の展開として、保険会社の果たす役割と意義について理解する。(知識・理解)

☆よい企業(会社)とはどのような企業(会社)なのかを考える。

  • ・事前学習の発表内容を踏まえ、自分なりによい企業の条件を考えさせる。
  • ・いわゆる「ブラック企業」や「ブラックバイト」などの問題性等をヒントに考えさせる。

◇事前学習発表シート

展開 30分

○企業の役割と責任の視点からよい企業を知る。

○「自助」の1つとしての民間保険の意義を捉える。

☆よい企業(会社)について考えるきっかけとして保険会社の事例を知る。

☆次のリスクの時どうするか考える。

  • ・20年後の将来、重い病気(ガンや心臓病など)やケガのため、仕事を休んで入院し治療しなければならなくなった。
    (今後の入院治療費や生活費(家賃や食費等)をどうするか)

☆リスクに対応するために必要な保険を提案し、保険会社の役割と意義を知る。

  • ・TVコマーシャルなどを視聴させるなどして、リスクへの対処の仕方を実感として捉えさせる。
  • ・リスクに対応するために必要な保険を提案することを通して、保険会社の果たす役割と意義を捉えさせる。
  • ・リスクに関連して社会保険の仕組みを確認させ、「自助」の1つとしての民間保険の大切さを認識させる。

◇学習シート

まとめ 10分

○企業の経済活動が及ぼす社会的影響を知る。

○保険会社の役割と意義を捉える。

☆企業の役割と責任の視点からよい企業を知り、今後の学習への見通しをもつ。

☆「自助」の1つとして民間保険に加入し、治療費や生活費等のリスクをカバーする方法があることなどを知る。

  • ・保険会社の果たす役割と意義を捉えさせる。
  • ・企業の役割と責任を担う企業例として保険会社の役割と意義を理解させる。
  • ・次時以降に、例えば模擬的な企業づくりの学習を行う際の動機付けとするため、「よい企業とは」を振り返らせる。
    その際、例えば次の5点に着目させる。

    1. ①人間に役立つ商品やサービスの創造
    2. ②市場における公正な経済活動の行使
    3. ③消費者、株主や従業員の利益の増進
    4. ④公共の利益の増進への配慮
    5. ⑤企業の将来性

◇学習振り返りシート

ページトップへ戻る