[ ここから本文です ]

Empowering Peace of Mind ~ずっと大きな安心~ 「高齢者向けの生命保険サービスに関するガイドライン」の策定について

2014年11月21日

生命保険協会(会長:渡邉光一郎 第一生命保険社長)では、「高齢者向けの生命保険サービスに関するガイドライン」を策定いたしました。

超高齢社会が進展していく中、高齢者向けの生命保険サービス向上の重要性の高まりを踏まえ、本ガイドラインでは、「保険加入時」、「契約継続時」、「手続発生時・手続時」の各場面において、高齢者向けの適切でわかりやすい対応をしていくための基本的考え方、留意点を整理しております。

会員各社は、本ガイドラインならびに当会で集約する各社の取組事例等を参考にしながら、各社の自律的なPDCAサイクルにおいて、高齢者向けのサービス向上に向けた一段の態勢整備、継続的な取組みにつなげてまいります。

なお、当会および会員各社は、これまでも業界全体で高齢者向けのサービスを向上させる取組みを進めてまいりました。本ガイドラインによる業界の更なる取組みのレベルアップに加えて、番号制度の利活用が実現すれば、大切な保険手続きをより確実かつ迅速に進めることが可能となり、お客さまの利便性が大幅に向上することから、当会は引き続き番号制度の民間利活用に係る規制改革を要望してまいります。

当会では、今後も、高齢者がより一層安心して生命保険サービスを利用することができるよう、高齢者の特性に配慮した各社の取組みを後押ししてまいります。

ページトップへ戻る