[ ここから本文です ]

日本郵政グループ3社の株式上場について

2015年11月4日

一般社団法人 生命保険協会

会長 筒井 義信

本日、日本郵政株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険の日本郵政グループ3社の株式が東京証券取引所に上場されました。

このたび、日本郵政グループ3社の上場が成功裏に遂行されたことは、郵政民営化に携わってきた多くの関係者の熱意や努力の成果であるとともに、郵政事業の民営化に向けた大きな一歩であると認識しております。また、株式の売却収入を東日本大震災の復興財源に充当するという政策課題への対応といった観点からも、大変意義のあることと認識しております。

一方で、郵政民営化法において、株式の全ての処分を目指すとされているかんぽ生命の株式完全処分に向けた具体的なスケジュールはいまだ示されておらず、同社に対する実質的な政府出資が恒久的に続くことで、「政府が何らかの支援を行うのではないか」との消費者の認識が生じ、「公正な競争条件」が確保されない懸念があります。

従いまして、かんぽ生命の株式完全処分に関わる適切な期限を定めるなど、同社の完全民営化に向けた取組みが確実に遂行されることを切に望むとともに、今後、かんぽ生命を含めた日本郵政グループと民間生命保険会社が切磋琢磨し、時に連携を図りながら取り組んでいくことで、健全な生命保険市場や地域社会などの発展に向けて貢献していくことができればと考えております。

以 上

ページトップへ戻る