[ ここから本文です ]

株式会社かんぽ生命保険による終身保険等の見直しを内容とする新規業務の認可申請について

2017年3月31日

一般社団法人 生命保険協会

会長 根岸 秋男

本日、株式会社かんぽ生命保険(以下、かんぽ生命)より、金融庁及び総務省に対して①終身保険、②定期年金保険、③入院特約等の見直しを内容とする新たな業務についての認可申請が行われたことが公表されました。

当会は、これまで、かんぽ生命の業務範囲の拡大については、民間生命保険会社との「公正な競争条件の確保」や、かんぽ生命における「適切な態勢整備」が必要である旨を繰り返し主張してまいりました。

2015年11月にかんぽ生命は株式上場を果たしましたが、かんぽ生命に対する実質的な政府出資が存在し、また完全民営化に向けた道筋も示されていない状況においては、民間生命保険会社との「公正な競争条件の確保」が実現しているとは到底言えず、現時点で業務範囲を拡大させる環境が整っているとは言えないものと考えております。

本認可申請については、今後、郵政民営化委員会において調査審議が行われるものと認識しております。郵政民営化法第二条では、「同種の業務を営む事業者との対等な競争条件を確保するための措置を講じ」ることが基本理念として掲げられております。この基本理念を十分に踏まえ、今後、競争関係にある我々生命保険業界とも十分な対話を行う機会を設けていただく等、慎重な対応を行っていただくことを強く要望いたします。

以 上

ページトップへ戻る