[ ここから本文です ]

平成29年度「愛の献血」運動(香川県協会)

香川県協会(会長:宮内敏光 第一生命東四国支社 支配人支社長)は、地域社会への奉仕、貢献活動の一環として、昭和46年から「愛の献血」運動に取組んでおり、今年度も高松市内の会員会社23社の職員を中心に参加しました。

平成29年11月14日火曜日、朝9時半から夕方16時まで、香川県赤十字血液センターの方によるご指導ご協力のもと、住友生命高松ビル前(高松市番町)に設置した献血車2台にて献血運動を実施しました。

400ml採血に限定される等、採血の基準が厳しい中にも、毎年この時期の活動として認識し、多くの会員各社の職員が献血運動に参加してくださり、本年度は一般の方の参加も含め168名が受付に訪れ、うち121名の方から採血させていただきました。

これからも少しでも地域社会へ貢献できるよう、「愛の献血」運動を継続していく所存です。

献血の様子1
献血の様子2
献血の様子3

献血の様子

ページトップへ戻る