[ ここから本文です ]

介護福祉士養成給付型奨学生「卒業お祝い会」を開催しました(岐阜県協会)

岐阜県協会(会長:徳水一雄 第一生命岐阜支社長)では2月28日、「介護福祉士養成給付型奨学金制度」の今春卒業予定の奨学生3名と各学校の指導担当教職員をお招きし、卒業お祝い会を開催しました。

冒頭、徳水会長から「ご卒業、誠におめでとうございます。皆様のたゆまぬ努力に対し、深く敬意を表すると共に、心からお祝い申し上げます。現実の介護現場では、厳しいこともたくさん待ち受けていると思いますが、皆様が立派な介護福祉士として活躍されることを心より祈っております」と、お祝いと共に激励の言葉がありました。

次に奨学生へ記念品が手渡され、奨学生からは奨学金支援のお礼と、今後の進路等についての情熱あふれる話をいただきました。

昼食会の席上でも、学校で学んだことや今後の抱負などを和やかに語らうことができました。

平成元年以降、これまでに採用した奨学生の人数は、岐阜県下で通算63名となりました。

日本社会を支える重要な存在である介護福祉士の養成支援に今後とも取り組んでまいります。

記念撮影

記念撮影

ページトップへ戻る