2020年度「高齢者支援団体への資金助成」を行いました(和歌山県協会)

和歌山県協会(会長:入山秀峰 第一生命和歌山支社長)は、11月25日に2020年度「高齢者支援団体への資金助成通知書手交式」を実施しました。

手交式では和歌山県協会の森田事務局長より、『たすかーる岩出』ご代表 原田政敏氏へ資金助成通知書を手交しました。原田代表からは「この度は資金助成をありがとうございます。活動が認められ大変嬉しいです。助成金で草刈り機や作業服を購入し、高齢者宅の庭木の剪定やゴミ出し、公園の除草や整備等に活用して参ります」と感謝の言葉をいただくとともに、具体的な活動内容をお聴きしました。

超高齢化が進む和歌山県(※全国における和歌山県の高齢化の状況は9位、近畿府県内では1位)において、シニア世代が地域社会でいきいきと暮らしていけるよう、和歌山県協会は一層の高齢者支援を行っていきます。

※令和2年度和歌山県における高齢化の状況より抜粋(https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040300/siryo/index.html)

記念撮影
記念撮影
記念撮影