防犯カメラを八重山地区防犯協会に寄贈しました(沖縄県協会)

沖縄県協会(会長:本夛光一郎 第一生命那覇支社長)は、会員会社の皆様からの募金をもとに、地域の福祉や防犯活動に協力するために様々な活動を行っています。

今年度からは、2019年の「生保警察連絡協議会」で要望のあった防犯カメラを初めて寄贈することになり、12月2日(水)に八重山警察署において、八重山地区防犯協会に防犯カメラ一式を寄贈しました。

寄贈した防犯カメラは、石垣市の繁華街である美崎町に設置され、防犯に役立てていただきます。

八重山地区防犯協会の福島会長からは「地域の安心安全につなげていきたい」、八重山警察署の江田署長からは「防犯カメラは、防犯や犯人の早期発見につながる重要なツールだ」との感謝の言葉をいただきました。

沖縄県協会はこれからも沖縄県全体の取組みである『ちゅらさん運動』に協力し、「安心・安全なまちづくり」に貢献していきます。

写真1
写真2

寄贈式の様子 於:八重山警察署