2020年10月の1か月を通して大分県下各地で献血運動を行いました(大分県協会)

 大分県協会(会長:石井雄三 住友生命大分支社長)では、2020年10月の1か月間にわたり、大分県下各市の献血バスと大分市のわったん献血ルームを利用し、献血活動を行いました。

 コロナ禍の状況に鑑み、献血ルームおよび献血バスの予約制度を利用し、会員会社22社の職員470名が参加し、在籍者の1割に当たる256名の献血ができました。

2.jpg1.jpg