障がい者支援団体・高齢者支援団体への福祉寄贈式を開催しました(沖縄県協会)

 沖縄県協会(会長:本夛光一郎 第一生命那覇支社長)は12月16日(水)、沖縄県社会福祉協議会において、障がい者支援団体と高齢者支援団体への福祉寄贈式を開催しました。

 障がい者支援では次の7団体へ希望物品(各1台)を寄贈しました。

・(足踏み式シーラー機)株式会社 ちむぐくる 琉サポ南's (豊見城市)

・(足踏み式シーラー機)NPO法人 まじゅんの会 障がい者就労継続支援B型事業所 MAJUN LINK (宜野湾市)

・(サーキュレーター)一般社団法人 パピルス 就労継続支援B型 パピルス  (宜野湾市)

・(サーキュレーター)一般社団法人 社会福祉就労支援協会 ジョブアシスタンス (石垣市)

・(サーキュレーター)合同会社 ひつき 就労継続支援A型事業所 明 (沖縄市)

・(サーキュレーター)一般社団法人 スマイリーはうす 就労継続支援B型 スマイリーワーク (西原町)

・(サーキュレーター)社会福祉法人 豊饒会 就労継続支援B型 スマイル   (本部町)

 高齢者支援では「公益財団法人 沖縄県老人クラブ連合会」へ助成金をお渡ししました。この助成金を活用し県内の老人クラブ等に手指消毒液が配られます。

 本夛会長が「少しでも地域の役に立てるよう支援を続けて行きたいです」と挨拶し、沖縄県社会福祉協議会の湧川会長は「継続しての支援はありがたいです。頂いた品を社会福祉事業に役立てていきます」と感謝を述べられました。

cr_20201216_2.jpg