富山県新型コロナウイルス対策応援基金に募金を寄付しました(富山県協会)

 富山県協会(会長:宇田正孝 明治安田生命富山支社長)は、12月17日に富山県新型コロナウイルス対策応援基金に1,019,782円を寄付しました。この寄付金は、県下生命保険会社19社の営業職員等からの募金にもとづくものです。

 なお本年5月には、会員各社に呼びかけて集めたマスク、フェイスシールド等を富山県新型コロナウイルス感染症対策本部に寄贈しています。

 寄付目録贈呈の際には、県協会長から医療従事者のみなさまとその活動を支える方々へ感謝の意をお伝えしました。県を代表して副知事から、「5月のマスク、フェイスシールド等支援品の寄贈とあわせて多大なる支援に感謝し、寄付金は寄付の趣旨にのっとり医療従事者支援に使う」とのお礼の言葉がありました。また、県知事からの感謝状とお礼状を受領しました。

 目録贈呈式には阿川和信副会長(住友生命富山支社長)、小川忍副会長(日本生命富山支社長)が同行しました。

cr_20201217_3_1.JPGcr_20201217_3_2.JPG