7月豪雨の被災保育園に資金助成をしました(熊本県協会)

 熊本県協会(会長:椿原正紹 住友生命熊本支社長)では、12月22日(火)に「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」に関連して、本年7月の豪雨によって被災した保育所等に対して、更なる支援を行うとの目的から、被災地の熊本県坂本町にあった「川岳保育園」「わかあゆ保育園」に助成金を贈呈しました。

 現在の仮施設に髙橋副会長(日本生命熊本支社長)が訪問し、被災状況のお話をお伺いしました。園長から「助成は大変ありがたい。一日も早く元の場所で、元気な園児と過ごしたい」との言葉をいただきました。助成内容は熊本日日新聞にも掲載されました。

cr_20201222_2_2.JPGcr_20201222_2_1.JPG