2020年度「第2回使用済み切手等収集活動」を行いました(和歌山県協会)

 和歌山県協会(会長:入山秀峰 第一生命和歌山支社長)は、2020年度第2回使用済み切手等収集活動に取り組み、集められた使用済み切手・プリペイドカードを和歌山県社会福祉協議会へ、書き損じはがき・外国コインを日本キリスト教海外医療協力会へそれぞれ寄贈しました。

 1995年に開始した本活動も今年で26年目を迎え、現在は年2回(6月と1月)を収集月とし、和歌山県協会会員傘下の職員、代理店等の協力により行っています。

 コロナ禍で使用済み切手等の収集活動が困難な中、和歌山県協会会員各社の協力により、心のこもった成果が寄せられ、今年度も年2回の寄贈を行うことができました。地道な活動ではありますが、「継続は力なり」を掲げ、引き続き社会貢献活動に取り組んでいきます。

cr_20210326_8_1.jpg cr_20210326_8_2.jpg cr_20210326_8_3.jpg 

cr_20210326_8_5.jpg cr_20210326_8_4.jpg