特殊詐欺被害防止の街頭PR活動を実施しました(富山県協会)

富山県協会(会長:阿川和信 住友生命富山支社長)では、富山県警察本部生活安全部、富山中央警察署の協力・参加を得て、富山駅で特殊詐欺被害防止を呼びかけました。

当日は、「一人で悩まず、家族や警察に相談しましょう。みなさんの周囲、ご家族、お仕事のお客様にもお伝えください」と呼びかけ、チラシ500枚、ポケットティッシュ675個を配布しました。

この活動は2018年に県警本部と「特殊詐欺等の犯罪被害防止に関する安全・安心協定」を締結したことをきっかけに毎年、会員各社の支社長・支店長を中心に実施しています。

また、この街頭PR活動を起点に10月~12月の期間で営業員による営業活動等でもチラシ配布を実施しています。

cr_202110229_1_1.jpg

cr_20211029_1_2.jpg