和歌山県に新型コロナウイルス感染症対策支援の寄付金を贈呈しました(和歌山県協会)

和歌山県協会(会長:松尾洋 明治安田生命和歌山支社長)では、長引く新型コロナウイルス感染症対策への支援として、和歌山県へ寄付金15万円を贈呈しました。

11月10日和歌山県庁内にて贈呈式が行われ、県から感謝状をいただきました。

贈呈式後の懇談では、和歌山県のコロナ対策は、県市町村が一つとなって取り組み、全国で唯一全員入院を行うことができた和歌山県ならではの、ご苦労も伺いました。

また、和歌山県福祉保健部長から、和歌山県協会が取り組んでいる社会貢献活動(特に、募金を財源として寄贈する、県下福祉保健施設への物品寄贈や県下社会福祉協議会への福祉巡回車寄贈等)に対し、高く評価いただきました。

cr_20211119_2_1.jpg

cr_20211119_2_2.jpg

cr_20211119_2_3.jpg