ボランティアグループ15団体へ活動に必要な器材や物品を寄贈しました(新潟県協会)

新潟県協会(会長:加見英之 明治安田生命新潟支社長)では、加盟する生命保険会社22社の職員・営業職員約5,500名からの募金により、地域社会貢献活動を推進しています。

その募金を財源として、1999年度から県内の社会福祉・障がい者支援で活躍されているボランティアグループの活動継続に少しでも支援できればと、活動に必要な器材や物品を寄贈しており、本年度はボランティアグループ15団体(応募23団体)に寄贈し、累計329団体となりました。

11月15日に行われた贈呈式には、当協会から会長、副会長、理事、事務局長が出席し、また新潟県社会福祉協議会の会長、常務、ボランティアグループ代表者(10団体)が出席されました。

贈呈式では当協会より目録の贈呈を行い、新潟県社会福祉協議会より感謝状の贈呈がありました。

出席されたボランティアグループ代表者より、感謝のお言葉と日頃の活動を発表いただきました。

今後も地域社会のお役に立てるよう、社会貢献活動に積極的に取り組みます。

cr_20211210_3_1.jpg

cr_20211210_3_2.jpg

cr_20211210_3_3.jpg

cr_20211210_3_4.jpg