日本赤十字社大阪府支部へ新型コロナウイルス感染症対策寄付金を贈呈しました(大阪府協会)

大阪府協会(会長:水谷豊 住友生命大阪中央支社長)では、会員各社の役職員約2万人からの善意で集まった募金の一部より、新型コロナウイルス感染症に関する医療および療養に従事される方々を支援するため、日本赤十字社大阪府支部に50万円を寄付しました。

昨年度からの支援に対し、赤十字の表彰「金色有功章」を受章しました。


cr_20211217_9.jpg