「日本赤十字社福岡県支部」と「福岡県看護協会」へ寄付しました(福岡・北九州協会)

福岡協会(会長:梅原佳次 日本生命福岡総合理事支社長)と北九州協会(会長:大川雅弘 住友生命北九州支社長)では、会員会社の職員の善意で寄せられた募金の中から、「新型コロナウイルス感染症対策への支援金」として「日本赤十字社福岡県支部」と「福岡県看護協会」に寄付しました。(福岡協会:各20万円、北九州協会:各30万円)

12月13日に合同で募金寄贈式を行い、両協会長より各団体の代表者へ目録を贈呈しました。

両団体は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、医療従事者への支援活動を積極的に行っています。

cr_20211224_7_1.jpg

cr_20211224_7_2.jpg