「鹿児島県点訳・音訳友之会」へ寄付金を贈りました(鹿児島県協会)

鹿児島県協会(会長:作本豪 日本生命鹿児島支社支社長)では、障がい者支援団体に対する助成金として「鹿児島県点訳・音訳友之会」へ10万円を寄付しました。寄付金は、会員の指導者資格取得のための研修会費用に充てられるとの事です。

この団体は、点訳図書および音訳図書の増加に努め、視覚障害者の文化の向上への貢献と、会員相互の研鑽・親睦を図ることを目的に1960年11月に設立されました。会員は皆ボランティアとは言え、卓越した技術と使命感により点訳・音訳の累計蔵書数は12,044点に上り、広く県内の視聴覚障害者へ提供されています。

cr_20220107_13_1.jpg

cr_20220107_13_2.jpg