「福岡いのちの電話」へ募金を寄付しました(福岡協会)

福岡協会(会長:梅原佳次 日本生命福岡総合理事支社長)は、会員会社49支社の職員約10,000名からの善意で集まった募金から、「福岡いのちの電話」へ活動助成金として、5万円を寄付しました。

「福岡いのちの電話」では、24時間365日体制で、ボランティア相談員が電話での相談を受付けています。コロナ禍で、不安や悩みを抱える人が急増している現在、その活動は一層注目されています。

12月16日に募金寄贈式を行い、副会長より、「福岡いのちの電話」の事務局長へ目録を贈呈しました。


cr_20220107_6.jpg