日本赤十字社島根県支部に活動資金を寄付しました(島根県協会)

島根県協会(会長:木田裕康 住友生命松江支社長)では、1月20日に日本赤十字社島根県支部を訪れ、会員17社の職員からの募金の一部5万円を活動資金として寄付しました。

日本赤十字島根県支部では、災害時の医療救護活動をはじめ、地域や学校で防災・減災のための普及啓発などを行う活動資金として、活用いただくとのことです。こうした活動は、県民や企業・団体からの「赤十字活動資金(寄付金)」により支えられており、異常気象による災害の大規模化や頻発化が懸念される状況にあって、協会からの活動資金への協力に大変感謝しているとのお言葉をいただきました。

この活動については、同支部のホームページでもご紹介いただきました。

日本赤十字島根県支部HPhttps://www.jrc.or.jp/chapter/shimane/news/2022/0120_023091.html


cr_20220204_2.jpg