福祉巡回車を寄贈しました(沖縄県協会)

沖縄県協会(会長:首藤丈司 日本生命那覇支社長)は、福祉巡回車を東村社会福祉協議会に寄贈しました。寄贈式は沖縄県社会福祉協議会の主催で、12月16日に沖縄県総合福祉センターで行われました。

沖縄県協会の福祉巡回車は毎年9月に行う県内の会員生命保険会社の職員の皆様からご協力いただく福祉募金が主な財源となっており、1992年度から毎年、福祉巡回車を県内市町村社協に寄贈しており、今回で累計49台目の寄贈となります。

首藤会長は「住み良い地域社会づくりのための貢献活動を積極的に実践していくため、沖縄県協会の約3,000名の職員のマンパワーを活かし、地域貢献活動を展開しています」と挨拶しました。

東村社会福祉協議会の大嶺会長からは「社協の車が足りない中、職員一同大変喜んでいます。地域に密着した社協の活動に務めます」と感謝の言葉をいただきました。


cr_20220204_6.jpg