2022年度「第1回使用済み切手等収集活動」について(和歌山県協会)

和歌山県協会(会長:中嶋徹 日本生命和歌山支社長)では、2022年度第1回使用済み切手等収集活動に取り組み、集められた使用済み切手を和歌山県社会福祉協議会へ、また、書き損じはがきや外国コイン等はJOCS関西事務局へそれぞれ寄贈しました。

1995年に開始した本活動も今年で27年目を迎え、現在は年2回(6月と1月)を収集月とし、和歌山県協会会員傘下の職員、代理店等の協力により行っています。

コロナ禍の制限制約がある中、また、地道な活動ではありますが、「継続は力なり」を掲げ、引き続き社会貢献活動に取り組んでいきます。