児童養護施設にて絵本の寄贈式を実施しました(熊本県協会)

熊本県協会(会長:山田 徹太郎 日本生命熊本支社長)では、8月3日(水)八代市の児童養護施設「八代ナザレ園」において、絵本の寄贈式を行いました。

熊本県協会では2011年度より「熊本県社会福祉協議会」のご協力により県内の児童養護施設・乳児院等20施設に絵本を寄贈しています。

今年度は合計97冊の「絵本」を寄贈しました。寄贈先の代表として、「八代ナザレ園」にて寄贈式を執り行いました。副会長(小林実 住友生命熊本支社長)から子どもたちに「本をたくさん読んで心豊かな人になってください」とのメッセージとともに園児代表に絵本を手渡しました。富田園長からは、「毎年贈られてくる絵本を子どもたちは楽しみにしています。大切に使わせていただきます」との感謝の言葉をいただきました。当日は読書アドバイザーをお招きし、園児たちに絵本の読み聞かせも実施しました。