障がい者を支援する団体へ助成金を贈呈しました(鳥取県協会)

鳥取県協会(会長:松永宏之 第一生命鳥取支社長)は、鳥取県社会福祉協議会からの推薦により「鳥取県障がい者卓球協会」へ助成金10万円を贈呈しました。

8月30日に鳥取県立福祉人材研修センターにて実施した贈呈式には、鳥取県障がい者卓球協会若原会長をはじめ、鳥取県社会福祉協議会藤井会長、鳥取県協会からは役員2名が出席しました。

松永会長から目録を贈呈し、若原会長からは「パラスポーツは近年注目を集めています。今回の助成金はありがたく、新たな選手の発掘や練習環境整備に備えていきたい」とのお話がありました。

同団体では、卓球をとおした健康づくり等、障がい者スポーツの普及発展を目的として様々な活動を実施されています。大会にも積極的に参加し、競技力の強化にも努め、今年度は協会所属選手が「日本パラ卓球協会」の強化指定選手に選ばれ活躍されています。