特殊詐欺被害防止街頭PR活動を実施しました(新潟県協会)

新潟県協会(会長:小川忍 日本生命新潟支社長)は、新潟県警察本部との「特殊詐欺被害防止に関する連携協定」に基づき、10月14日新潟駅周辺2か所において、特殊詐欺防犯チラシや除菌ティッシュなど2,000セットを配布し、被害防止に向けた注意喚起の呼びかけを新潟県警と合同開催しました。当日は感染対策を講じつつ、会員25名・警察関係者12名の合計37名が参加し、また県警マスコットキャラクター「ひかるくん」がPR活動を盛り上げました。

新潟県協会は、今後も引き続き効果的な「地方CR活動」に取り組んでいきます。