「ふるさと愛の基金」へ寄付しました(宮崎県協会)

宮崎県協会(会長:小谷彰 第一生命宮崎支社長)では、6月から7月にかけて実施しました募金(協力者2,474名)を財源として宮崎県社会福祉協議会の「ふるさと愛の基金」へ50万円寄付しました。

11月2日に贈呈式を宮崎県社会福祉協議会にて行いました。贈呈式では、当会の小谷会長から「コロナ禍で苦労しながら社会福祉に尽力している団体があると聞く。活動の継続の役に立てば幸い」と挨拶をし、宮崎県社会福祉協議会川野副会長から「さまざまな福祉活動の支援に役立てたい」とお礼の言葉がありました。

宮崎県協会は来年度も引き続き募金活動に取り組み、住み良い社会環境づくりに貢献していきます。