「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成決定通知書授与式を開催しました(滋賀県協会)

滋賀県協会(会長:藤川幸一 日本生命滋賀支社長)は、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」の助成施設に選ばれた『オリーブ守山保育園』へ助成決定通知書を授与しました。

オリーブ守山保育園では、健常な子どもと医療的ケアが必要な子どもが共に育ちあうインクルーシブ保育をされています。

「こころも体もたくましく 伸びゆくオリーブの子ども」を保育目標に、よく遊び よく笑い よく食べ、いのちを輝かせたくましく生きる子どもたちへの育みを大切に思う、明るくあたたかい保育園です。

今回の助成金は、支援が必要な子どもの発達に合わせた乳幼児用木の玩具や補助付椅子などの購入に活用されます。

(園長様より)

「子どもたちそれぞれの個性を大切に、発達支援や子どもたちが共に育ちあう保育に活用します。ありがとうございます」と、御礼の言葉をいただきました。