「北九州市障害福祉ボランティア協会」へ活動助成金を寄付しました(北九州協会)

北九州協会(会長:矢野浩一 日本生命北九州支社長)は、会員会社27支社の職員約3,200名からの善意で集まった募金から、「北九州市障害福祉ボランティア協会」へ活動助成金として、10万円を寄付しました。

12月1日に募金寄贈式を行い、当会高桑事務局長より、同ボランティア協会の理事長へ目録を贈呈しました。

同ボランティア協会は、40年前の1982年に設立された公益社団法人であり、「障害のある人もない人も共に障害者福祉への理解を深め、福祉文化(風土)を作っていくこと」を目標とし、当事者の主体性を尊重し、自立をめざして共に学びあう場を設けるなどの活動を続けられています。