「特殊詐欺被害防止に向けた街頭啓発活動」第2弾を実施しました(神奈川県協会)

神奈川県協会(会長:井上聡 第一生命横浜総合支社長)は、12月15日、 新都市プラザ特設ステージ(そごう横浜地下2階正面)で開催された「年末年始安全・安心キャンペーン」で、再度、特殊詐欺被害未然防止のために啓発グッズを配布しながら注意喚起活動を行いました。

当日は、横浜市出身のシンガーソングライター「山口紗矢佳さんによるミニコンサート」「神奈川県警察音楽隊によるミニコンサート」、そして、年末年始特別警戒防犯大使に委嘱された横浜市出身のタレント「森三中の村上知子さんから特殊詐欺への注意喚起」などがあり、広場にはたくさんの人が集まりました。

神奈川県の10月までの特殊詐欺被害認知状況は、1557件の約30億円で、前年同期1.5倍の緊急事態です。

神奈川県協会は、神奈川県警察本部生活安全部、神奈川県くらし防災局と「地域安全に関する協定」を2019年に締結しており、今後も引き続き、被害防止に向けた啓発活動に取り組みます。

cr_20220107_26_1.jpg

cr_202201017_26_2.jpg

cr_20220107_26_3.jpg