「福祉巡回車・車椅子」「災害救助犬育成支援金」の贈呈式を行いました (兵庫県協会)

兵庫県協会(会長:棟方成和 第一生命保険神戸総合支社長)では加盟会社22社(51支社、代理店)の職員による福祉募金をもとに福祉巡回車1台、車椅子5台、災害救助犬育成支援金の寄贈し、12月16日に寄贈式を兵庫県社会福祉協議会にて実施しました。

兵庫県協会による福祉巡回車寄贈は累計78台、車椅子は100台となります。今年は新たに、地球温暖化の影響から各地で度々災害が発生しており被災地で活動をしている災害救助犬の育成支援金として60万円を日本レスキュー協会へ寄贈しました。当日は、同レスキュー協会より、ラブラドールレトリバーとシェパードの救助犬2頭も寄贈式に参加してくれました。

兵庫県協会は、引き続き社会情勢や地域の特色を生かした活動を行うことで、住み良い社会・環境づくりに貢献していきます。