介護福祉士・保育士養成給付型奨学生との交流会を実施しました(新潟県協会)

新潟県協会(会長:小川忍 日本生命新潟支社長)は、2022年度の新潟県「介護福祉士・保育士養成給付型奨学生」との交流会を、新潟市内のホテルにて実施しました。

交流会では奨学生それぞれに記念品を授与する一方、奨学生は保育士を将来の職業として希望した理由、保育実習での成長や意識の変化、家族や学校の先生たちへの感謝の思いなどを発表いただきました。これから社会人として保育や介護の現場へ巣立つ皆さんへの激励の機会となりました。

新潟県協会は、今後も引き続き「地方CR活動」に取り組みます。