府内の社会福祉協議会に福祉巡回車を寄贈しました(京都府協会)

京都府協会(会長:佐野啓治 住友生命執行役員京都支社長)では、会員会社22社(29支社)の職員・代理店による善意の募金から、社会福祉法人久御山町社会福祉協議会に福祉巡回車を寄贈しました。

同協議会からは、「コロナ禍の中、訪問による介護支援活動の重要性は高まっており、福祉巡回車は必要不可欠なので、非常にタイムリーでとてもありがたい」と感謝の言葉をいただきました。

京都府協会は、福祉巡回車の寄贈を毎年継続して行っており、今年度で累計寄贈台数は37台目となります。寄贈した福祉車両は在宅介護支援などの活動に役立てていただいています。