特殊詐欺等の被害防止に関する協定を締結しました(島根県協会)

島根県協会(会長:瀬戸康広 明治安田生命松江支社長)は、犯罪のない安全で安心なまちづくりに関する活動の推進や暴力をはじめとした各種不法行為の排除予防等の活動を行っています。

依然として発生している特殊詐欺について、更に警察と連携を強化して、被害防止活動に取り組んでいくことを目的に、当協会と島根県警は1月31日、協定を締結しました。

県警本部長は、「特殊詐欺被害は前年比減少しているが、引き続き高い水準にあり、生命保険各社の営業活動の機会において声掛け・啓発活動が更に活性化されることが期待されるところであり、大変心強く感じています」と述べられました。

島根県協会は、この締結を機に生保業界の担う社会的責任を再認識し、会員会社が一丸となって特殊詐欺被害防止への取組みを推進して参ります。