「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成施設を訪問しました(新潟県協会)

新潟県協会(会長:小川忍 日本生命新潟支社長)は、助成団体である「社会福祉法人 龍和会 サロン・ド・ひまわり上近江保育園」を訪問し、絵本や防災備品購入費として助成金目録を贈呈しました。当施設は園児15名の小規模保育事業所ですが地域に密着した社会福祉施設として運営されています。

贈呈当日は子供たちへひな祭りのお菓子を配るなどし、たいへん喜ばれました。また、生命保険協会の特殊詐欺被害防止PR用のティッシュも寄贈しました。園長先生からは「今回の助成金を有効に活用させていただきます。お菓子と一緒に啓発ティッシュを保護者へ配布し、ブログに当会の活動を紹介します」との感謝の言葉をいただきました。

新潟県協会は、今後も引き続き効果的な「地方CR活動」に取り組んでいきます。