第32回まごころ募金からの埼玉県への寄付に対して県知事より感謝状をいただきました。 (埼玉県協会)

埼玉県協会(会長:麻生賢一 住友生命埼玉中央支社長)は、2月15日、大野埼玉県知事に埼玉県への寄付目録(シラコバト基金30万円、交通遺児援護基金20万円、新型コロナウイルス感染症対策推進基金10万円)を贈呈し感謝状をいただきました。

大野埼玉県知事は「コロナ禍、生命保険を通じて県民がお世話になっています。コロナ対策・健康維持等で今後とも協力を頂きたい」とお話しされました。

1991年からスタートしたまごころ募金は、今年度約500万円、累計およそ1億4000万円となります。毎年当基金を財源とし、各市町村社会福祉協議会への福祉巡回車寄贈(累計107台)と、各福祉団体・各基金への寄付を行ってきました。

今後も、埼玉県民のお役に立てるように社会貢献活動の取組みの一つとして、まごころ募金をつないでいきたいと思います。