介護福祉士養成給付型奨学生「卒業お祝いの会」を開催しました(群馬県協会)

群馬県協会(会長:野田強 第一生命群馬支社長)では、2月8日(水)に2022年度県内奨学生7名と各学校の役職員を招き、「卒業お祝いの会」を開催しました。

次席会役員が主体となり開催したお祝いの会には、群馬県社会福祉協議会会長および地域福祉課長にもご出席をいただきました。次席会会長より奨学生一人ひとりに記念品を手交した後、奨学生より奨学金支援のお礼、今後の進路や目指す介護福祉士像についてお話を伺いました。また、出席された各学校の役職員からも奨学生の在学中の思い出や今後期待すること等、送る言葉を頂戴しました。

現在群馬県内では、1989年よりスタートした介護福祉士養成給付型奨学金制度の奨学生累計152名の介護福祉士が活躍しています。