「愛の献血」活動を実施しました(香川県協会)

香川県協会(会長:阪野浩基 日本生命高松支社長)では、香川県赤十字血液センターと連携し、「愛の献血」運動を実施しました。

今年度は夏期(9月)と冬期(2月)の2回おこない、会員会社22社の職員等を中心に、期間中に延べ275名が受付に訪れ、うち231名が採血しました。

当会は、ひとりでも多くの病気やけがで血液を必要としている方々のために、引き続き、献血活動に積極的に取り組み、住み良い社会環境づくりに貢献していきます。