「第46回愛の募金運動寄贈式」を開催しました(東京都協会)

東京都協会(会長:小貫順一 日本生命東京中央総合支社長)は、2月14日、会員会社187社の職員・在京本社役職員等の方々から寄せられた「愛の募金」(9月に実施)の浄財をもとに東京都社会福祉協議会 東京善意銀行、東京ボランティア・市民活動センター、いのちの電話、東京都赤十字血液センター、東京都共同募金会への寄付目録を贈呈しました。

贈呈を受けて、各団体の代表の皆様から、それぞれ丁重な謝辞をいただきました。

1977年度からスタートした「愛の募金運動」は、今年度約1,100万円、これまでの募金累計額は4億5,950万円余となります。毎年寄せられた浄財は、主に東京都社会福祉協議会、同東京善意銀行を通じて都内の福祉施設、民間非営利団体等への自動車購入資金贈呈に充てられ、毎年贈呈先の施設・団体から大変感謝されています。

今後も、東京都民のお役に立てるように社会貢献活動の取組みの一つとして、「愛の募金運動」をつないでいきたいと思います。