「山口県こども食堂・子どもの居場所ネットワーク」へ助成金を贈呈しました(山口県協会)

山口県協会(会長:徳留隆夫 明治安田生命山口支社長)は、「なかべ こども家庭支援センター≪紙風船≫」において「山口県こども食堂・子どもの居場所ネットワーク」に助成金を贈呈しました。

山口県協会加盟の生命保険会社の内勤職員・営業職員から寄せられた募金浄財より、様々な社会福祉活動を行う団体への助成として贈呈が実現しました。

関係者の皆さまに出席いただいた贈呈式当日は、代表者様より「コロナ禍と物価高で子育て世帯の経済情勢は大変厳しいものとなっている」「山口県内では現在154か所の子ども食堂が運営されており、人口比では全国5位の多さとなっている。各食堂の運営者の情報交換、食品配付会、食中毒等に対応した保険料や、食品衛生責任者養成講習会の受講料等に充当し、子ども食堂を安全に運営し安心して利用いただくために有意義に活用していきたい」とのお礼の言葉をいただきました。

山口県協会では引続き、地域に根差した社会貢献活動を継続実施し、日本の未来を担う子供たちにとって安心できる社会環境づくりに貢献します。