「介護福祉士・保育士養成奨学生交流会」を実施しました(東京都協会)

東京都協会(会長:小貫順一 日本生命東京中央総合支社長)は、2月27日、「介護福祉士・保育士養成給付型奨学金制度」の奨学生と、今春卒業を前にお祝いを兼ねた交流会を開催しました。本年度は東京都内においては介護福祉士13校13名、保育士5校5名の学生に奨学金を支給しています。

小貫会長から挨拶の後、奨学生へ卒業記念品が手渡し、食事をとりながら情報交換を行うなど、有意義で終始和やかな交流会となりました。

奨学生からは、奨学金支援のお礼と、学校生活での取組みや今後の抱負等、使命感と情熱にあふれた話をうかがいました。

4月から社会人となる奨学生皆様のご活躍を、心より祈念します。