福祉巡回車を寄贈しました(滋賀県協会)

滋賀県協会(会長:藤川幸一 日本生命滋賀支社長)は、協会会員各社の職員から寄せられた善意の募金を財源として車椅子対応の福祉巡回車を寄贈しました。

寄贈式は、2月13日に滋賀県社会福祉協議会にて行われ、滋賀県協会藤川会長から「社会福祉法人 慈恵会 ゆいの里」へゴールデンキーを手渡しました。

「要介護3以上の施設利用者様の割合が増え、状態の変化から外出や活動が従来のようには進めにくくなっている現状です。車いす対応の車両を導入することで、安全で柔軟な対応が可能となります。外出や社会参加の機会を取り入れた支援が継続できます。寄贈いただき感謝しております」とのお礼の言葉をいただきました。

式の様子は、びわこ放送ならびに京都新聞に取材していただきました。

当協会では、この活動を平成4年からスタートし今回で通算37台目の寄贈となりました。引続き、当活動に取り組み、地域社会の発展に貢献していきます。